毎日がメンテナンス 腰痛と膝の痛みの解消が辛いと感じたなら・・・

2009年08月05日

毎日がメンテナンス

腰痛対策は普段の生活から心がけることが一番です。つらい腰痛で悩まないためにも、正しい知識で腰痛対策に取り組みましょう。腰痛には様々な原因があるので、腰痛対策をする際には何が原因で起きている腰痛かを知ることから始めましょう。自分で判断をするよりも医師の判断を仰ぐのが一番です。腰痛には、急性のものと慢性腰痛、姿勢が悪いことから来る腰痛などがありますが、最近では精神的なストレスも腰痛の原因となることがわかっています。腰痛の中でも脊柱やそれを支える筋肉の損傷が原因になるもので、ぎっくり腰があります。じん帯や筋肉などに小さな損傷が起こったり、強度の骨粗しょう症からヘルニアを起こしたりした場合もぎっくり腰が起きます。内臓の病気が原因で腰痛が起きるケースで、良く聞くのは腎臓の機能低下です。これは、腎臓と腰からつながる神経が同じルートを共有しているために勘違いする関連痛です。思春期の女性に多く見られる症状で月経困難症というのがあります。生理の際に、腰痛・下腹部の不快感・下腹部痛が治療を必要なほど強い症状ですが、通常は加齢と共に症状は改善されていきます。長時間座ってパソコンを操作することの多い人は、毎日腰に負担をかけています。20〜30分に一度は立ち上がってストレッチなど、腰を動かすことを意識してください。そして寝ている時ですが、一番腰に悪いのはうつ伏せで寝ることです。仰向けの場合は、ひざの下にクッションを入れると良いでしょう。横向きで少し前かがみで寝る姿勢が腰に負担が少ないとされています。やはり、腰痛対策として気をつけなければいけないのは、重いものを持ち上げるときですが、特に良くないのはひざを伸ばした状態で腰だけで荷物を持ち上げることです。一度しゃがんで荷物を体に密着させるようにして持ち上げると腰の負担は半分になるとされています。実を言うと、肥満気味の人は減量をすることで腰痛が治ることもあります。肥満気味の場合は、普段から腰にかかる負担が多いので、それを減らしてあげるだけで改善するのです。ストレッチは腰痛対策としても有効ですが、その効果を高めるには「気持ちの良い範囲でゆっくりと伸ばす」ことです。勢いをつけたり、誰かに押してもらってのストレッチはかえって腰を痛めたりすることもありますから注意が必要ですね。ストレスが続くと自律神経が乱れることから腰痛の原因になることがあります。精神的に緊張をすると筋肉も酸欠状態になるので、日ごろの運動や入浴でストレスの解消をこころがけましょう。


腰痛。 - 裕(ひろ) 【 みんカラ 】 ブログ
「腰痛。」について-裕(ひろ)のブログです。Poweredbyみんカラ....


激痛の・・・腰痛でした(大汗) - ぴよさん 【 みんカラ 】 ブログ
激痛の・・・腰痛でした(大汗)」について-ぴよさんのブログです。Poweredbyみんカラ....





posted by 整体 at 16:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 辛い腰痛の悩み解消
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。